あおり運転犯と銀行員の共通点・相違点

煽り運転犯人を見て、経歴や過去の事件、

生活ぶりを見聞して思うこと

それは犯人が

承認欲求の塊であって、

どんな時でも、場面でも

自分が他人より上

の図式を、

相手をやり込めることで

常に顕在化させたい

と考えている、ということ。

そして、その上下の基準の対象が

恫喝や暴力による威圧

所有物

成功者に見える外見など

に偏っているということ

本当に成功している人というのは、

バランスを口にします

・健康面

・自尊心

・家族

・仕事、経済面

・他者貢献

・人間関係

いずれも重要な要素で、これらのバランスが整っていて

初めて心からの充足が得られると述べています。

そして、常に成長、発展することを目指しています。

成功者が内面を含めた成功を実現していることに対して、

犯人は、

内面は置き去りにし、

外面だけの成功を目指していたのでしょう。

(人から成功者と見られたい!)

でも、これはおそらく彼が育ってきた環境、

周囲にいた人間によって、植え付けられてきた

恐らく誤った思い込みだったのでしょう。

成功者は高級外車に若くから乗って

派手に遊びまわって

力によって弱者を威圧して、愚弄して、嘲笑して、

そうしてその立場を顕示することが

彼にとっての成功になっていったのでしょう。

また、成長や発展ということに重きを置いていないため

それらを気づかせてくれる「変化」「違和感」「挫折」を

経験する機会を回避してきたのでしょう。

(入社1年目で超優良企業キーエンスを、同期で断トツビリのまま

 退職しているようです。勤務態度やビジネスマナーも

 最悪だったという記事がでています)

銀行員との共通点

それは、

上下で人間関係を考えがちだということです。

自分たちはアッパー層だ

下(だと自分が判断する人)の存在に安心し

上(だと自分が判断する人)の存在に大きく傷つく

実はこれ

永遠に終わらない

のです。

ある一つの考えを認識し、

心にしみこませるまでは。

それが

人を上下で判断しない

他人との比較で一喜一憂しない

自分は大切な存在。

だから自分は尊重する

同じように他人も大切な存在。

だから、他人も自分と同じように尊重する

犯人と違って、

銀行員にはこれらを気づかせてくれる機会

(試練・課題・目標・人間関係等)にも

各人の能力(知性・素養・社会性・柔軟性・見識等)も

恵まれています。

改めて、自分の成長や発展につながるなら

いくつになっても取り入れた方が良い。

いくつになっても完璧な人間などいない。

私も54になっても未だに本当に不完全な存在だと思う。

自分のために

どんどん良いことは取り入れて

チャレンジを続けて

死ぬまで成長・発展していきたいものだ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です