これがあの潜在意識か!

行き詰まった結果

実はここ数日、かなり行き詰まっていました。

いくつかの仕事の期日が迫っているにもかかわらず、

できあがらないのです。

やろうと思っていても手がつけられず、

数日間、未着手でした。

思いつくままに書きなぐってみた!                (関西弁ですいませんが)

そこで、こんな風にノートに殴り書きをしてみました。

なんでできへんの?なんでやらへんの?いいんやで。やめても。    自由なんやからかまへわへんで。でもやめれんの?仕事受けといて。 今更そんなことやっていいの?                         書いて、話して、お金がもらえて、地方にも行けて、                やりたいことやんか。どうすんの?いいの?・・・・・・・・・

ちょっとまて!これは鏡の法則や!

俺になにかを気づかせようとしとる!

なんや?なにを気づかせようとしてるんや?

こんなんこれからずっとあるぞ。これからもあるねん。             ありつづけることや。どうしたらええねん?!

書く

 

ああーっ!やろうと思っていない!

感じるままに書いていくと、不思議と気持ちも落ち着き、

ある結論に至り、気持ちがすっきりしました。

結局、やろうと思ってないだけや!と。

いつまでに、どうなる!と決めずに、うだうだしてるだけやった

とわかったんです。

 

期限と

具体的なほしい姿を決める!

そして、そのことだけに集中する!

これが極意だと理解できました。

 

 

潜在意識が使われた!

こう気持ちに整理がついて眠ったのですが、                朝4時くらいにはっと目が覚めました。

そして、また気づいたんです!

これって、人生自体と同じや!と。

 

ひとつだけ、

期限を決めて、

具体的な姿を描く。

そして、それに一心に集中する。

集中することで潜在意識も働く!

するとそれができる。

そして、そのひとつ、ひとつをずっと積み上げていく。

理想につながる、ひとつひとつなのであれば

理想が現実になる

これが思考が現実化する仕組みじゃないか!と

 

先日買った本、

パムクラウドさん著「こうして思考は現実化する」

に書いてあった、

「ひとつだけを」

「期限を決めて」

「要求する」

という内容につながりました!

あるよ!

なんもない!

 

独立してからもそうだったんですが、

私は自分にいろんなものが

 

ない!ない!ない!

 

と思っていました。

お金も十分にはない

本当に信頼できる仲間もいない

地位も名誉もない

何もない!

まさに、ないないずくし、ないずくし  ♪  ♪

の考えです。

 

あったわ!

 

独立してほんとうに最近なのですが、

よーく考えると

 

全部ある

 

ということに気づきました。

 

元気だし、

家族もいるし、

父母も兄も健在だし、

友達だっているし、

やりたいことやってるし、

お金もあるし、

こうやってブログも書いてるし、

毎日生きてるし、

思った通りになってるやん

と思えるようになったんですね。

 

ある!

 

いいたいのは

 

なりたいようになる能力もちゃんと備わっている

そして人は皆同じ能力をもっている

 

 

 

「これでいい」ではなく、「これがいい」を!

「これがいい!」という選択を!

むかあし、むかし「不揃いの林檎たち」という大ヒットドラマがあった。

石原真理恵(当時は真理子)、手塚理美、時任三郎、中井喜一、   柳沢慎吾、あー名前が出てこない!あの人、あの人・・・・・

トミーとマツのトミーのほう等々

私は大学生だったと思うのですが、欠かさず見てましたねえ。

この時は確か、面白い1時間ドラマが3つ、1時間ごとにきれいに    並んでいて必ず3時間通してみていました。

(もう1本は石野陽子がでていたやつ。題名が出てこない・・・・      痴呆か?!すいません・・・・・)

※知ってる方は教えてください(笑)

そのドラマの中で、主人公のひとりが食事のメニューをえらぶときに 「これでいいや」って選ぶんですよね。

それを聞いた長塚京三さんが、「これがいいと言え!」と諭すんですね。

このセリフ、今ふと思い出したんですけど、当時からものすごく頭に    残っていたんですよね。

 

最善の選択をせよ!

 

おおくの人達は重要な選択さえも、

「まあこれがいいかな」程度でしか選択していない。

私もずっとそうでした。

大学、就職、いずれも「こんなもんかなあ」と考え、

「今の自分が当てはまる先」を探して、はめ込んでたんですね。

「これがいい」「こうなりたい」を考えず、

勝手に「世の中はこういうもんだ」と思い込みに支配されて、

「自分が最善を尽くすに値するもの」を探さなかったんですね。

 

47歳で気づいてしまった!

 

もっと早く気づいていたらよかったのですが、

なんと47歳で妻と子供が2人なのに気づいていまった!

 

空を見る女性

 

今の目標はこのブログをたくさんの方に             読んでもらえるものにして

 

望むものを全て引き寄せる                  「ミッションブログ」に成長させ                  一生続けたいと決意しています。

 

 

 

 

知っていることばかりでは退屈だ!

マンネリでつまらん!

私はサラリーマンの究極「銀行員」で24年も過ごしました。

しかもそのほとんどが支店での営業です。

銀行員の総合職は支店で、貸出や運用商品をたくさん成約するというのがメインの仕事なんですね。

24年も同じことやってるとほんまにつまらんのです!退屈!

しかも、銀行本体を50歳くらいで退職しても、また銀行OB達ばかりの関連会社にいっちゃうわけで、先々にもなんの希望もありゃしません。

退屈

 

知らないことのなかに喜びがあるのだ!

そんな先の読める「退屈な人生」に終止符を打つべく決意し、

40代半ばまで、人生でやったことのないことにたくさん         チャレンジしてきました。

不動産投資やら

出版やら

セミナーへの多数参加やら

ブログやら、なんやら。

その面白いこと!

喜び2

 

20年も同じことやってたら飽きて当然!

そりゃ、生活の為に時間を売ってやってる仕事なんだから

20年もおんなじことやってたら、あたりまえだけど飽きますわ。

素直に考えたらそうですよね。

そろそろ、「人生自体の充実」に軸足を移すときでは?

 

さあ、なにかを始めよう!

今から死ぬまでの間が充実すれば成功だ

人生っていうのはやりなおしがききます。

今までの価値観での選択の結果が、

今、現在の自分です。

現在は素直に自分を見つめるためにあり、

過去にはほんとうになりたい自分へのヒントや、

反省点がある。

今までの価値感が自分のほんとうに望むものでなかった場合は

その価値観を変えればいい。ただ、それだけです。

 

会社が一番大事なんじゃない!

 

わたしは以前銀行に勤めていたので、会社に1日中、いや1年中、

心も、身体も、時間も、価値観も全て支配されていました。

そのために犠牲にしているものも多々あるのに、             疲弊した生活によって考えを及ぼすことができませんでした。

家族と向き合う事、確固たる自分、自分にとってのベスト、        ベストな人間関係、いきがい。

残りの人生で最もたいせつなのは、こういったことであって、      会社ではないはずです。

 

会社以外のなにかをはじめるべき

最初の一歩

会社は人生そのものではないはずなので、

まずはなにをしたいのか考え、はじめてみるべきです。

私の最初の一歩は、会社に内緒で始めた不動産投資でした。

サラリーマンをやりながら、稼いでくれるという安心感が         ほしかったんですね。仕事でも身近でしたしね。                              今は変わってしまいましたが、あの時は不動作投資家に        なりたかった。

リスクは0じゃないけど、やらないとわからないままだし、         吟味したうえで「やっちまえ!」という感じで始めました。

あの時から既に3年が経過し、時のすぎさるはやさに驚いています。

それとともにあの一歩がすべてのスタートだった、             あの時踏み出していなければ今の自分はなかった、             時の経過のはやさを考えるとすこしでも早く踏み出せてよかった、

と今感じています。

なにより、あたらしいことを経験する喜びを感じたんですね。     ちょっとどきどきするあの感覚はしばらくわすれていたものでした!

もしサラリーマンで同じような思いをかかえている方は、         会社の優先順位を落し、なにかを始めるべきです。

もし会社に時間を支配されて疲弊し、                    そんなこと考える時間さえないという方は、                 意図的に会社の支配時間を減らすべきです。

別に負担の少ない部署への異動を申し出て、               出世街道からはずれてもいいし、

休めるだけ有給とって休んででしまって                   考えてみてももいいんじゃないでしょうか。

会社を第一優先にしているために、                        失っているものも確実にあります。

あなたにとって大事なのは、

ここから死ぬまでの人生を充実させることです。

会社にいながらできることもたくさんあります。

そろそろほんとうに大事なことを追い求めるときが              きているのではないでしょうか。

会社をいいわけにして、考えることを放棄すると

あっという間にとりかえしのつかない年齢になるかもしれませんよ。

 

 

「会社を選んだ時点で読める人生」って絶対つまらないよ

人の価値観じゃない?

世の中の多くの人は「先が読める」ことに、安心しますよね。

この大学に行っておけば就職に有利だなとか、

この会社に入っておけば年収●●万円は固いなとか。

かくいう私もその価値観の究極ともいうべき考え方から

銀行に入ってしまいました。そして24年も勤めました。

 

どうして「何がやりたいのか?」を考えないんだろう

 

はっきり申し上げて面接ではいろんな理由をこねくりまわして

もっともらしいことを言っていましたが、結局は

「安定と、見栄えと、給料の高さ」で決めただけです。

銀行に24年勤めて得られたモノももちろんあるのですが、

今振り返ってみると「心から望んでいたことではなかった」と      はっきり申し上げられます。

47歳で退職した理由は、はっきりと先の読める             「サラリーマンとしては下り坂の退職するまでの10数年」に       嫌気がさしたからです。

40代なら心も体もまだまだ向上させられる!

なのに銀行を退職して、関連会社に出向して、収入も下がって、    銀行OB連中と今後も付き合って、死んでいく。

そんな人生ははっきりと「NO!」とわかったからなんです。

 

全ての制限を外して、                       どういう生活ができたら最高なのか               書き出してみる

ペン

会社はあなたの幸せのことは考えてくれません。

「毎日最優先している会社の仕事」より、

あなたにとっては

「あなたの人生を充実させること」のほうが

絶対に重要ですよね。

一番大事なのは、

「今から死ぬまでのあなたの人生」を最高に充実させることです。

どんな日々を過ごせれば最高なのか、

全ての制限をはずして、是非書き出してみて下さい。

なにかを始めるきっかけになるはずです。

ちなみに私が何年も前から書き綴っている日記には           こんなことが書いてあります。

・時間を自由に使えて、

・信頼でつながった人間関係がたくさんあって、

・家族に誇れる価値観があって、

・自分が有意義と思える仕事で生計をたて、

・全国、全世界を飛び回っている

こんな生活がしたいと。

未だ先は全く見えませんが、こうなりたいという姿はもっと

具体的になって、そこに集中できるようになっています。

なりたい姿を集中して目指していれば、

それは実現できると信じられるようになってきています。

不安や出来ていないことに焦点をあてるのではなく、

理想に焦点をあてると、

不安や怖れといった感情はなくなるものだと                独立した後によく理解できました。

 

 

 

死ぬときにどう思うだろう?

望む人生をスタートさせるには?

昨日から今日にかけて深く考える時間がまた来ています。

まだまだ理想とする自分には程遠い感があります。

全ての時間を望む姿への時間にできればこれほど            喜ばしいことはないのですが、

集中できない自分、実行しきれない自分に                 いらだちを覚えたりもします。

もっと、集中し、加速するために必要なものは何かと考えていました。

 

明日召されてもいいように、

全てを尽くした今日を積み上げる!

よりよい身体のために

よりよい感情のために

よりよい人間関係のために

ありたい自分であるために

 

stairs in sky

 

 

これをスローガンにし、悔いない毎日を積み重ねていこうと       決意しました。

 

気持ちが落ち着いてきた理由とは?

とても穏やかに

独立して1年以上が経過し、正直かなり彷徨った感がありましたが、

最近はとても穏やかな気持ちで過ごしています。

こんな感じに

穏やか

 

その理由

1.書いて生きていくのが、自分の本当にやりたいことだと  わかったこと

2.そのために必要なものは、既に私の中に全て備わって いて、その能力を最大限に引き出せばいいと信じられること

3.世の中は自分の思った通りに見えるようになっている。足りない、足りないと思っていると、足りないことばかりを 引き寄せる。

だから、既に充たされ、全てそろっていると考え、       (確かに何かを成したいと思った場合に必要なものは   何不自由なく、既にそろっている)

あとはなりたい姿に集中しさえすればいいと思えること

4.1日のうち、そのことに集中できる時間がどんどん   増えてること

何度も、何度も、不安でしかたない日々を過ごし、

何度も本を読み返し、少し進化したのではないかと思える境地です。

自分で人生とはどういうものか。

今後も、試した結果を更にお伝えしていきます。

 

 

 

 

この娘、なんで証券会社に入ってるんやろ?

何をしたいかではなく、何処へ入るべきかを優先?

4月に大手証券会社の1、2年生の男女中心の研修を見学させていただいた時の話

彼らは1日に100軒近く、全く取引のないところを飛び込み訪問しているそうです。                                    そんな若手営業マン&ウーマン向けの「営業の基本」研修でした。

2人1組になり、どうすれば相手のことをたくさん聞き出せるかという  練習をする場面がありました。

土日の研修だったので私服で来ている人もいました。          その中で小柄で、とてもかわいらしい、センスいい服装をしている女の子がいました。

その娘が趣味について話をしているのを聞いていたんですが、

「洋服を買うのが大好き!」だそうで、休日に街にでかけるのが楽しみで仕方がないんだそうです。

その話をしている時の表情の、なんと生き生きした、楽しそうな事!

喜び

 

この娘は本当にファッションに関心が高いんだなあとみているだけで よく理解できました。

でも証券会社に入っている?

その時に、「この娘、なんで証券会社にはいってるんやろ?」      という疑問が湧きました。

直接聞いていないので以下は想像です。

「アパレルは厳しい」「給料は少ない方の業界だ」                 「金融の方が安定している」「金融の方が給料がいい」

周囲のこんな声が影響しているんだろうなと感じました。

もちろん、私も以前はそんな考えしかありませんでした。

周囲に「すきな事を仕事にしなさい」と言ってくれる人もいませんでしたし、自分自身が世間一般の考えをうのみにし、それに従う選択をずっとしてきました。

自分の大切にする指針がありませんでした。

でも今は違う!

「自分の好きな事を、理想を、追い求めるのが人生だ!」

と伝えていきたい

そうできることを自らで体現する!

未熟者!悩んでいます・・・・・

ワクワクしてない!

独立して1年以上経過し、この1年はやってみようと思ったことを徹底してやる1年にしようと決意し、取り組んでいます。

ありがたいことに今頂いているお仕事を、ちと羅列してみると以下の通りなんです。

1.金融機関向研修(8月に新しいもの4本)

2.先輩の経営する研修提供法人のサポート               ①金融機関の研修講師                             ②一般企業研修のサポート

3.2冊目執筆

4.通信教育原稿

5.ゴルフDVDの作成

6.40代プロブロガーへの挑戦

ワクワクするものとしないものがあって、ワクワクするものは苦もなく  できてしまうのですが、そうじゃいものはなかなか進まない!

こんな事実を突きつけられて悩んでおります・・・・

悩み

ワクワクするものが人生にお金をつれてくる!

本田健さんはそうおっしゃっています。

わくわくするものはすぐのお金には遠く、すぐにお金になるものは、  遠ざかるのも早いともおっしゃっております。

「秒速で1億円!」とかは典型ですね(笑)

でも「秒速で損失2億円!」とか。

やらされ感か?!

ワクワクしないものって、やぱりやらされ感があるんですよね。     自ら選んだはずなのにどうも仕方なくやっている感が。

たしかにすぐにお金になるお仕事なんですけど、それっきりていうか。

「それっきり」になるんだ!

書きながら考えがまとまってきた!そうですね。どうも心から望まずに受けた仕事はそっれきりになって、次はやらなくなってしまうんですね。多分。

1回こっきりの仕事になってしまうんだ!

だから好きな、ワクワクすることをやらんといかんのだ!

それは一生続けられることになるんだ!

だからブログはこうして毎日続けられるんだ!

ひらめき

独立しても未だにこんなことで悩んでいる未熟な40代です。

なにかのお役に立てれば幸いです。

こうして、身をもって人生の成功法則を試しております